HOME > 施設の種類と目的 > 老人保健施設

施設の種類と目的

  • 入会案内
  • 求人情報
  • 行事カレンダー
  • 介護の魅力と感動
  • 公益社団法人 全国老人福祉施設協議会
  • リンク
  • フェイスブック

老人保健施設

老人保健施設は介護を必要とする高齢者の自立を支援するとともに、リハビリテーションを提供し、在宅復帰を目的とする施設です。

このため 看護・介護による食事・入浴・排泄・レクリエーションなどの日常サービスといったケアの提供はもとより、常勤医師による医学的管理の下、作業療法士や理学療法士等リハビリテーションに特化した職種も配置しています。

医師、看護職員、介護職員、作業療法士や理学療法士等、(管理)栄養士、支援相談員、介護支援専門員(ケアマネージャー)などの多職種協働により、ご利用者のニーズに対応しています。

また 入所期間に関し、介護保険法上での期限はありませんが、一生涯に渡って入所して生活をするところではなく、あくまで在宅復帰を目的とした中間施設としての位置づけがされております。

そのため、3ヶ月ごとに施設サービス計画(ケアプラン)を作成し、元の生活に戻るために必要な身体状況、家庭環境などを勘案した上で、退所後における生活に支障がないようにサポートします。

通院や洗濯を施設ですべて行う所もあれば、ご家族に依頼する所もあったりと施設によって異なる部分もあるようです。

老人保健施設は「老健」と省略されることもあります。

施設の種類と目的 トップへ

会員ページ