HOME > 施設の種類と目的 > 特別養護老人ホーム

施設の種類と目的

  • 入会案内
  • 求人情報
  • 行事カレンダー
  • 介護の魅力と感動
  • 公益社団法人 全国老人福祉施設協議会
  • リンク
  • フェイスブック

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームの主な運営主体は「社会福祉法人」や「地方公共団体」となります。

要介護1~5の認定を受けられた方で「寝たきり」や「認知症」などで、家庭での介護が困難な方が入所できる施設です。施設では食事・排泄・入浴などの介護のほか、その他の日常生活上のお世話、機能訓練、健康管理などを受けることができます。

~特別養護老人ホームでは様々な専門職が連携し、利用者、家族の皆様の生活を支えます~

施設長、医師、生活相談員、介護支援専門員、介護職員、
看護職員、機能訓練指導員、栄養士、調理員、事務員 等

食事

普通食からキザミ・ペースト食など栄養士の指導の下、ご利用者の状況に合った食事を提供させて頂いています。

また、季節感を感じることのできる食事や、提供方法の工夫など、各施設それぞれ食に対する楽しみを充実させるため、取り組んでいます。

排泄

ご利用者のプライバシー・尊厳を大切に、身体状況に合わせた排泄対応をさせて頂きます。

最近では自立支援や、よりご利用者の尊厳を守る為「オムツゼロ」など科学的介護に取り組む施設も増えています。

入浴

ご利用者にとって安心で最適な方法で入浴していただきます。

ご利用者に安心して入浴できるよう職員が付き添いを行い、「寝たきり」の方や移動が不自由な方も入浴できる特殊浴槽の設備があります。

また、ご家庭と同様に1人用の浴槽を用い、着脱から入浴までマンツーマンで介助を行う「個浴」を提供する施設も増えています。

生活

各施設では、入居されている方が日々楽しみを持って生活することができるよう、季節に応じた様々な行事を催しています。

地域の方々に参加して頂き行うお祭りや、外出など、ご利用者が地域との関わりを増やせるように努めています。

全国老人福祉施協議会の目指す科学的介護

私たちの所属している全国老人福祉施設協議会は、科学的根拠に基づく介護の実践を提唱、そして実践しています。

認知症ケア、リハビリ、口腔ケア、看取りケア等への挑戦を通して、ご利用者・ご家族により一層満足いただける高品質サービスを目指しています。

具体的には

  • 5つのゼロ   (おむつゼロ、骨折ゼロ、胃ろうゼロ、拘束ゼロ、褥瘡ゼロ)
  • 4つの自立支援 (認知症ケア、リハビリテーション、口腔ケア、看取りケア)

の実現に向け、日々頑張っています。

※ 特別養護老人ホームには従来型・新型(ユニット型)・地域密着型などの種類があります。

従来型

4人部屋(多床室)を中心とした施設です。 以前は集団ケアとして多数のご利用者を多数の職員で介護していましたが、現在は個別ケアに取り組む施設が増えています。

新型(ユニット型)

個人のプライバシーをより重視した全室個室の施設です。

ご利用者をおおむね10名単位のユニットで介護する事で、ご利用者一人ひとりに 寄り添った介護を行っています。

地域密着型

入所定員29名以下の小規模な施設で、原則として施設の所在する市や町の住民のみが入所する事ができます。

これまで住み慣れた地域で生活を続ける事ができ、更に小規模な施設である事で、より家庭的で親密なケアを受けることができます。

特別養護老人ホームの料金(目安)

従来型(個室・多床室混在)

個室:10万円程度
多床室:7万円程度
(介護保険の一割・食費・居住費・日常生活費を含む)

新型(全室個室で10人程度のグループユニット型)

12万円前後~市内では16万円位が平均だが、20万円を超える施設もある

地域密着型(個室・各中学校区に1つ目安。市町村管轄)

29人定員
12万円前後

詳細はPDFファイルをご覧ください。

PDFファイルをダウンロード

※その他、日常生活費(電気代等)や、各種加算などがあります。また、収入に応じた減額などもありますので、詳しくは各施設またはお住まいの市町村にお問い合わせください。

施設の種類と目的 トップへ

会員ページ